ベビタブは赤ちゃんに優しい入浴剤です

赤ちゃんと一緒にお風呂に入りたい

ベビタブは赤ちゃんに優しい入浴剤として話題を集めている商品ですが、各メディアでも多数取り上げられているので、「デリケートな子供の肌に何を使えば良いか分からない」、「あせもやオムツかぶれが気になる」といった悩みを持ちのママさんであればご存知の方が多いかもしれません。

 

ベビタブはphに着目して作られた重炭酸入浴剤であり、水道水の残留塩素を中和してほとんどゼロにする働きがあります。

 

残留塩素濃度試験ではベビタブを160リットルに3錠入れる事で、1リットル当たり4mgの初期残留塩素濃度が5分後には0.05未満となる分析結果が出ていますから、肌にストレスを与え敏感肌やあせもの原因になると言われている残留塩素による肌トラブルの心配はないですし、着色料・香料・防腐剤・界面活性剤・アルコールもフリー処方なので敏感肌の方でも安心して入浴です。

 

そのため、肌のバリア機能がまだ成熟していない赤ちゃんのデリケートな肌でも問題なく入浴できますし、重炭酸泉のお風呂に入る事で皮脂や古い角質を取り除く効果もあるので、洗い過ぎによって肌のバリアを作る常在菌や脂分を洗い流す事もなくなるので、肌のバリア機能が低下した事によって生じる肌トラブルを防ぐ事ができます。

 

また、専用のシャワーヘッドで髪や頭皮を洗えば洗い過ぎによる頭皮の乾燥などの頭皮トラブルを防ぐ事もできます。
もちろん、ベビタブによる重炭酸入浴法は赤ちゃんだけではなく肌・髪のハリやコシなどが気になるママさんにも効果的ですし、赤ちゃんからお年寄りまで誰でも入浴可能ですから、家族のみんなのお肌の健康を守る事ができます。

 

ベビタブはこういった赤ちゃんの肌にも優しい入浴剤である事から、口コミでは「シャンプー・トリートメントをしていた時よりもしっとり」、「子供の肌の乾燥が気になっていたけど保湿剤が必要なくなった」などといった声が見られます。

 

また、ベビタブを入れたぬるめのお湯で15分以上浸かる重炭酸温浴法をする事で、副交感神経を優位にして熟睡できるようになったり、体を芯から温めて冷え性の改善効果も期待できます。